2014年10月11日土曜日

赤羽・八幡谷


横丁・小径学会の前の個人的赤羽歩行。
前回の続きです。

今回は八幡谷界隈を歩きます。
ほぼ貨物線跡の東側に沿った形状の谷戸で、段差はかなりあります。

まず貨物線跡である赤羽緑道公園の八幡小学校近くの入口から、
八幡谷の谷底とも言える溝を覗いてみました。

水はないですが木を縫うように流れがあります(右が緑道敷地)。
今でも水路敷扱いの土地なのでしょうか?
まあ旧線路敷も公共地には違いないのだとは思いますが。


すぐ先の道を南へ入るとしばらく谷沿いに住宅や駐車場があります。
このあたりでもう、崖の上下がはっきりしていますね。


次第に狭くなり、崖と木々で薄暗くなります。
昼間ですが街灯は常に灯されていました。

この木の出っ張りはなかなかのものです。


上の写真の先に階段が見えますが、ここで緑道に合流します。
この道筋はこれでおしまいです。
比較的まっすぐな線路跡に、谷筋が離合するような感じです。

緑道を少しだけ南へ進み、次に一般街路と交差するところ(桐ヶ丘体育館東)で東へ折れます。

そしてやや崖上側の、南の住宅地へ続く小径へと入ってみます。
車の通れない道沿いにへばりつくように住宅があります。
写真右が谷側です。


かなり幅が狭いままで長く続いていく、今どき東京では珍しい街路です。


このあたりから谷底へと下っていきます。
一般家屋のほか、古いアパートもいくつかあります。


下の写真はアパートの共同水道跡。
高低差がありなかなか景色が良いです。


家がなくなったところから谷底を見てみると、
柵と壁に挟まれた水路敷らしきスペースが確認できます。
木々の向こうが緑道です。


そこへ降りていく古い階段もあります。これは緑道に続いていません。
一応、柵には扉がついているので道として認識はされているようです。


ほぼ谷底へと行き着いた道はさらに狭くなり、
谷自体が細くなり崖も迫ります。
(写真にはありませんが、1本だけ途中で緑道につながる小径があります。)


苔むしたコンクリート壁がいい味。
そして、ドキドキするほど狭いですね。
下の写真の奥で行き止まりに見えますが、突き当りの少し手前で右折できます。


地図ではつながっているのかよくわからない描き方がされているものもありますが、
右、左と家々を縫って谷頭、そしてその上まで抜け出ることができます。
案外きっちりとした舗装です。



谷頭近くの突き当りには、なんと井戸が。



井戸の左手に手すり付きの坂があり、一気に谷の上まで抜けられます。
なかなか姿の良い坂道です。



坂の上からこちらへ進むとヌーヴェル赤羽台方面へ出ます。


反対側にはふたたび谷底へ向かう行き止まりの階段(右)と、
かなり細い階段通路(左)があり、これは緑道につながっていました。


以上が八幡谷の街路です。
狭いだけに生活のにおいの濃い地域で、
いかにも昭和前期までに宅地を拓いたという雰囲気が強く伝わってきました。
今だったら許可されないような道ですからね。

個人的には東京23区内ではかなりお気に入りの街路です。
※見た感じ特に通行制限はされていませんが、静かに歩きましょう。


このあと赤羽駅に戻って横丁・小径学会の遊歩に参加し、
ついでに赤羽の花火まで観て帰りました。
少しだけInstagramに写真と動画があります。 http://instagram.com/shikasuke